ワイモバイルまとめて支払いとは

Pocket

ワイモバイル(Y!mobile)のスマートフォンやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、App Store、Apple Music、iTunesや、GooglePlayストア上のアプリなどの購入した金額を、月々のワイモバイルの料金とまとめて支払いが出来る決済サービスです。

ワイモバイルまとめて支払いのメリット

ワイモバイル(Y!mobile)のスマートフォンを持っている人は、音楽・動画などのデジタルコンテンツ、SNS・ゲーム・ショッピングサイトでの購入、その他各種サービスの申し込みなどにも利用が可能です。

  • ワイモバイルが提供する決済サービスだから安心
  • クレジットカード番号などの面倒な入力はなく簡単
  • いつもの支払いと同じように請求されるので、便利

さらに、申込みは不要で、月額料金も無料であれば、利用しないのはもったいないですね!

ワイモバイルとは

ソフトバンクのサブブランドとして「格安SIM」「格安スマホ」を提供しているサービスです。

「格安SIM」「格安スマホ」と聞くと、繋がる範囲が狭い、回線が遅いのでは、と考えられる方も多いと思いますが、ワイモバイルはソフトバンクの自社回線を利用しているので、他のキャリアも含め、大手キャリアと同じく安定した速度で快適に利用できる、と説明されています。

ワイモバイルまとめて支払いの設定方法

上記でも説明したように、ワイモバイルをはじめ、スマートフォンを持っていて、GooglePlayストアやApp Store、iTunesを利用している人、利用を考えている人にとっては、ワイモバイルまとめて支払いを利用することがとっても便利なので、早めに設定しておくことをおすすめします!

AndroidとiPhoneは異なるため、それぞれ手順を説明しますね。

GooglePlayストア・Androidでの設定方法

  1. 「Playストア」アプリをタップ
  2. 右上の名前のアイコンをタップ
  3. お支払いと定期購入をタップ
  4. お支払い方法をタップ
  5. 「Y!mobileの決済を利用」をタップ
  6. 郵便番号っを入力し、「保存」をタップ

設定が完了すると、「お支払い方法」でワイモバイルまとめて支払いが選択されます。

Apple・iPhoneでの設定方法

  1. 「App Store」をタップ
  2. 位置情報の利用の許可を求められる。「許可」をタップ
  3. 右上のアイコンをタップ
  4. Apple IDとパスワードを入力し、「サインイン」をタップ
  5. 「利用規約に同意する」をタップ
  6. 「キャリア決済」を選択し、「この携帯電話番号を使用する」を選択
  7. 請求先の氏名、住所などの必要事項を入力

上記手順により、Apple IDでのワイモバイルまとめて支払いの設定は完了となります。

ワイモバイルまとめて支払いが使えるサイト・使えるお店等

グループサービスであるpaypayをはじめ、多くのサービスで利用できます。また、amazonでも利用できるようになったので、便利になった人は多いことでしょう。

そちらの設定方法についても、今後紹介していきます。

ワイモバイルまとめて支払いの利用可能額と利用制限について

ワイモバイとは、でも説明しましたが、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり、「ワイモバイルまとめて支払い」と「ソフトバンクまとめて支払い」は同等のサービスとなります。

そのため、利用可能額および利用制限の詳細についても、「ソフトバンクまとめて支払い」と同条件となります。

利用可能額

使用者年齢利用可能額
満12歳未満最大2,000円 / 月
満20歳未満最大20,000円 / 月
満20歳以上最大100,000円 / 月

使いすぎ防止機能

利用額を変更利用可能額を、設定された利用可能額の範囲内で変更する機能
利用制限利用を制限(ロック)する機能

利用可能額の上限では不安、その年齢でもそんなには使わせたくない、などの考えは当然あると思いますので、この機能を使うことで範囲を変更したり、そもそもその月がすでに使い過ぎてしまっている場合、これ以上の利用を制限(ロック)する機能もあるので、安心ですね。

ワイモバイルまとめて支払いの締め日について

ワイモバイル(Y!mobile)を契約している利用者の場合は、毎月1日から末日までが利用期間となり、請求の締め日は、末日締めとなります。また、支払い期日は翌月26日が基本です。

身に覚えがない請求があった場合

請求書が届いた時に、急に金額が高くなった!身に覚えのない請求がある、などの場合、焦らずにまず「My Y!mobile」にて明細、請求額の内訳を確認しましょう。その中でこれまでより金額が増えている項目を探して、その内容を考えてみましょう。その他、機種代金などの分割支払いの金額、家族が契約している回線の金額、インターネット回線の金額なども確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする