決済代行サービスとは

Pocket

携帯キャリア決済の代行を行っている会社で、最も有名なのが株式会社ペイジェント(PAYGENT)でしょうか。そもそも携帯キャリア決済の代行サービスとはなんなのか。

ECサイトはネットショップを始める時に、商品やサービスを揃えるのはもちろん大変ですが、一番大変なものの一つが、支払いに関する決済です。

決済代行サービスとは、クレジットカード決済、携帯キャリア決済、コンビニ決済といった多種多様な決済を一括に導入できるサービスです。

ペイジェントでは、以下の8つの決済手段に対応しています。

  1. クレジットカード決済
  2. 自動引き落とし(継続課金)
  3. 銀行ネットバンク決済(ネットバンキング)
  4. 携帯キャリア決済(「ドコモ ケータイ払い」、「auかんたん決済」、「S!まとめて支払い」)
  5. コンビニ決済(ペーパーレス)
  6. 払込票決済(コンビニ・ゆうちょ)
  7. ATM決済(ペイジー)
  8. 銀行振込決済(仮想口座方式)

上記全ての決済手段について、個別に対応していたら、コストも時間もかかりますし、締日や入金のタイミングも異なるため、経理処理も煩雑になります。

決済代行サービスのメリット

  1. ECサイト、ネットショップ立ち上げ時の工数、コスト削減
  2. 運営時のコスト削減、ミスの軽減
  3. 購入者の利便性の向上

購入者の決済手段が増えれば、それだけ購入する機会へとつながります。コンビニ決済しかないサービスより、クレジットカード決済、携帯キャリア決済に対応したサイトのほうが、明らかに購入者の購入意欲は高まるでしょう。

決済代行サービスのデメリット

システム開発、導入に関する知識がある程度必要。

導入方法については、以下の2種類が用意されている。

  1. リンクタイプ(※レンタル・ASP)
  2. モジュール組込タイプ(※要システム開発)

リンクタイプであれば、開発などは必要ありませんが、モジュール組込タイプは利点もありますが、それなりの知識が必要となります。

当然、携帯キャリア決済の代行を行っているサービスは他にもありますが、ドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリア全てに対応しているはペイジェントだけなので、当サイトではこちらをオススメしてます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする